1.事業内容

(1)農業経営体と障がい者施設等のマッチング

  • 施設への作業委託(施設外就労)、実習(特別支援学校含む)
  • 雇用(直接雇用、就労移行)
  • 加工・栽培の受委託、共同商品開発(六次産業化)
  • 施設内農業、施設での耕作引受け

(2)地域での支援ネットワークの形成

  • 圏域ごとに地域ネットワーク会議の開催(情報共有及び関係機関の連携)

(県、市町村、農業系支援機関、障がい者就労系支援機関、特別支援学校)

(3)農業現場での障がい者受入れ支援

  • 受入れ側の研修、啓発、施設職員の農業研修
  • 作業改善、就労形態の分析研究、圃場等での実証実験
  • 現場における作業補助員派遣

2.実施主体

(1)・(2)について

  • NPO法人 島根県障がい者就労事業振興センターに、「農福連携コーディネーター」を配置し(委託事業)、双方のマッチングや、地域ネットワーク会議の運営に当たる。

(3)について

  • (研修、啓発等)障がい福祉課、雇用政策課の各種啓発事業を活用
  • (作業の実証研究)農業技術センターで実施
  • (現場作業補助)上記コーディネーター委託事業の中で対応

3.取組みのスケジュール

H24

  • (コーディネーター設置、現状把握及び体制構築)
  • 農業経営体、福祉施設双方のニーズ調査
  • 既存のマッチング事例の調査・分析、支援ツール集作成
  • 地域ネットワーク会議の設立準備(関係機関へ協力依頼)

H25以降

  • (連携事業の本格実施)
  • コーディネーターによるマッチングの本格実施、実証研究の開始
  • 各圏域での地域ネットワーク会議の開催

H27以降

  • 実施主体は、(公財)しまね農業振興公社からNPO法人島根県障がい者就労事業振興センターに移行