【目次】

1.地域連携・マッチング事業

《1-1》農業×福祉
1-1-1.出雲圏域農福連携推進事業
1-1-2.農福連携障がい者チャレンジ事業
1-1-3.個別支援案件
1-1-4.マッチング実績
1-1-5.相談案件

《1-2》福祉×福祉

2.専門家派遣事業

《2-1》農福連携サポーター制度

3.研修企画実施事業

《3-1》アグリビジネス実践スクール「農福連携指導者養成コース」
《3-2》刈払機取扱作業者に対する安全衛生教育
《3-3》農福連携推進研修会
《3-4》益田圏域農福連携情報交換会

4.農福マルシェ

5.当センター主催会議

6.出席会議

7.視察対応

 

1.地域連携・マッチング事業

《1-1》農業×福祉

1-1-1.出雲圏域農福連携推進事業

【概要】

農福連携の浸透により農家側から農作業委託希望が増加しているが、受託できる福祉事業所が少なく受託し切れていない。このため、県内農産物の主要産地であり、また農業の取組み事業所の多い出雲圏域をモデル地区として、農業と福祉の分野でそれぞれが抱える課題に対して、施設外就労による農業と福祉の連携を推進することで課題解決につなげ、農福連携事業の効果拡大と恒久的な体制を打ち出すことにより、産地品目の生産振興と農村活性化に資することを目的としてこの事業を実施する。

事業内容

  1. 農作業の施設外就労の促進を図るため、農作業施設外就労促進事業の実施
  2. 福祉事業所職員、障がい者の農業技術向上研修
  3. 農福連携事業について事例発表、情報交換会および受委託費算定研修
  4. 農業と福祉のマッチングを図る継続的な支援体制構築

平成29年度と30年度の2カ年実施する。29年度は7月から30年2月まで実施。30年度は5月から12月まで実施。
なお、この事業は農林水産省の「農山漁村振興交付金(農福連携対策)」を活用して実施。

【出雲圏域農福連携推進協議会会議】

○総会 第1回会議 :平成30年7月11日(月) 出雲市役所会議室

 

【農作業施設外就労促進事業】

農作業による施設外就労の経験の浅い事業所に対して、施設外就労の形態を実践することにより、就労支援事業所支援員の農作業指導力の向上を図るとともに農業経営体から委託された作業を通して、障がい者に職業訓練を行い職業能力の向上を図ること支援する。対象事業所数は3事業所。

 

(取組事例1)

対象事業所 なかよし  5月からスタート
作業委託農家 ブドウ新規就農者
内容 シャインマスカットの脇芽取り、花穂整形、出荷調整、落葉処理、粗剪定等
15作業 利用者5名 作業日数91日 延べ203人日実施

 

(取組事例2)

対象事業所 ユーアイワーク  5月からスタート
施設外就労先 ブドウ新規就農者
内容 シャインマスカットの脇芽取り、花穂整形、出荷調整、落葉処理、粗剪定等
10作業 利用者17名 作業日数76日 延べ219人日実施

 

(取組事例3)

対象事業所 斐川あしたの丘  6月からスタート
施設外就労先 花き、白ネギ新規就農者
内容 白ネギの根切り、花き出荷調整、葉ボタン種取り等
5作業 利用者2名 作業日数28日 延べ39人日実施

 

(1)事業所職員研修会

日時 (1)平成30年 5月18日(金) (2)平成30年 6月15日(金)
(3)平成30年 7月13日(金) (4)平成30年12月14日(金)
参加事業所 各回 3~6名 3~5事業所
内容 事業所職員を対象にブドウの主要作業((1)シャインマスカットの花穂整形、(2)新梢管理・果房管理・袋掛け、(3)出荷調整、(4)剪定)について講義とぶどう園等での実習、合わせて、なかよしがブドウ農家で粗剪定の施設外就労をしている状況を見学。

 

(2)経営力アップセミナー

日時 平成30年10月26日(木)
参加事業所 福祉事業所 6名 農家3名
内容 施設外就労の単価設定を行えるように、体験型セミナーで経営・会計の原理原則を学ぶ。

 

(3)農福連携実践福祉事業所・農家意見交換会

日時 平成30年12月21日(金)
参加事業所 ぶどう施設外就労実践事業所 3事業所 4名  農家 6名
関係機関団体 7名(オブザーバー出席) 
内容 ・ブドウ施設外就労の評価、問題点、相手への要望等について意見交換。
・農家の31年産の委託希望を聞き、事業所の対応意向を確認。
・関係機関団体にぶどうでの施設外就労の現状について理解促進。

 

(4)出雲圏域マッチング体制構築に向けた活動

日時 平成30年7月31日(月)、8月9日(木)、9月19日(水)、10月4日(木)、10月10日(水)、10月19日(金)、
参加事業所 出雲圏域農福連携推進協議会構成員、連携団体職員 延べ34名
内容 事業終了後の出雲圏域でのマッチング体制構築に向けた協議や働きかけ、状況報告、協力依頼等を実施。現時点方向は未定。

 

(5)農福連携実践福祉事業所・農家意見交換会

日時 (1)平成30年9月20日(木) (2)平成30年12月21日(金)
参加事業所 農作業施設外就労促進事業実施事業所職員、農家 6名
内容 出雲圏域事業終了後の就職に向けた就労支援を円滑に行うため、就労移行等の確認と事業所間、支援機関との情報交換と支援内容の検討
2回目は農家の雇用や作業委託意向も合わせて確認。

 

↑ページのトップへ戻る

 

1-1-2.農福連携障がい者チャレンジ事業

【概要】

施設外就労の形態を通して農作業実習を行うことで、受入れ事業主の負担軽減を図り、施設外就労および障がい者に対する理解を深めるとともに実施事業所支援員の農作業指導力および障がい者の農作業能力の向上を図ることを目的とし実施する。

【取組事例1】

対象事業所 みずうみの里
施設外就労先 松江市宍道町水稲農家、農業生産法人
内容 4~5月:水稲播種準備、育苗箱運搬を4回実施。
6月:麦の調製・袋詰め作業を3回実施。
9~10月:水稲の調製・袋詰め作業を5回実施。

 

 

1-1-3.個別支援案件

1.案件:ひかわ食品加工株式会社/トマトケチャップの原料供給

「いりすの丘工房」の手作りトマトケチャップに使用するトマトの原料供給の依頼があり、太陽の里が中心となって取組をしている「トマトのミックスソース」の連携事業所に打診を行い、トマトミックスソース原料の余剰および規格外品を供給することを決定。

【原料供給事業所】
しゃぼん玉工房

2.案件:株式会社 農の郷

フルティカトマトのドライチップスの商品化をするにあたり、温風機能付きの乾燥機を保有している事業所の紹介をして欲しいと相談があり、設備保有している事業所を紹介、視察を実施。
(1月以降に決定、受託を開始している)

【保有設備提供事業所】
わこうの里

3.案件:あおぞら福祉会/農福連携事業計画

高齢者のデイサービスを行っており、障がい者の生活介護の事業所運営の経験がある法人が10月にB型事業所「尺の内農園」を立ち上げるにあたり、農業の事業計画支援を実施。

【第1回農福連携協議】

日時 平成30年6月22日(金)
場所 雲南市役所
内容 あおぞら福祉会より事業計画の内容について説明。加茂町尺の内団地でワイン用ブドウの栽培と三年番茶の栽培を実施する。指導は葡萄栽培は奥出雲葡萄園、三年番茶は健一自然農園に依頼。

 

【第2回農福連携協議】

日時 平成30年7月4日(水)
場所 雲南市役所
内容 事業計画の進捗状況と今後の対応について協議。

 

4.案件:しゃぼん玉工房/視察アテンド

日時 平成30年8月31日(金)
場所 津和野CAS凍結センター
内容 設備整備補助金で急速冷凍装置にCAS装置を検討しているため、実際の利用方法等について視察を行う。

 

 
 

1-1-4.マッチング実績

【マッチング完了】

  発注事業所・団体 受注事業所 内容
1 由志園アグリファーム株式会社 松江あけぼの作業所 ジャガイモの選別、計量
2 あろえん 太陽の里 アロエの株の植え替え・ハウス内の清掃
3

ぶどう新規就農者

エドガー・ピミエント氏

なかよし、いずもえん、
ぽんぽん船

ぶどうの花穂整形作業
4

ぶどう新規就農者
吉井氏

ユーアイワーク ぶどう農園の草取り作業等
5

ぶどう新規就農者

エドガー・ピミエント氏

いずもえん ぶどう袋掛け作業
6 出雲白ネギ、アスパラ農家 今若氏 ユーアイワーク 草取り作業
7 出雲白ネギ農家 湯浅氏 ユーアイワーク 草取り作業
8 株式会社さんわファクトリー あけぼの作業所 養液栽培の培地撤去・片付け作業
9 花き、白ネギ農家 田口さん 斐川あしたの丘、ユーアイワーク 花き出荷調整等、白ネギの根切りと葉切り作業、白ネギの根切りと葉切り作業

 

【作業受託等相談事案】※マッチングまで至らなかった事例

  発注事業所・団体 内容
1 ぶどう新規就農者
栗原氏
ぶどう花穂整形作業の依頼があったが、日程が合わなかったため。
2 株式会社伸興サンライズ ハウス建設予定地の草刈作業の依頼があったが、費用面で調整がつかなかったため。
 
 
 

1-1-5.相談案件

(1)ラヴィアンローズ

相談内容 障がい者が作業しやすい道具等について勉強したい。
対応 農業技術センター職員を紹介し、12月6日(木)に指導をしていただく。

 

(2)松江市農政課

相談内容 じゃがいもの農作業について、福祉事業所に依頼を検討しているので、打ち合わせに同席して制度説明をして欲しい。
対応 5月7日(月)の打ち合わせに同席し、由志園アグリファームとあけぼの作業所に、施設外就労や農福連携障がい者チャレンジ事業等について制度説明を行う。

 

(3)西部農林振興センター益田事務所

相談内容 益田圏域で農福連携を推進するための体制を構築するために、関係各所と顔合わせをしたい。
対応 西部農林振興センター益田事務所、益田市障がい福祉課、益田障害者就業・生活支援センターエスポア、当センターの4者でそれぞれの役割と取り組み範囲の確認や利用可能な制度など意見交換を行う。

 

(4)ひだまり

相談内容 農作業施設外就労について教えて欲しい。
対応 6月6日(水)に訪問し、農作業施設外就労の状況・留意点等について説明。

 

(5)あすのひかり

相談内容 農業の施設外就労先を紹介して欲しい。
対応 JAしまねくにびき地区本部中海干拓事務所で干拓地営農の状況について説明していただく。その後、雇用希望農家へ説明を行い、繁忙期に作業委託の相談を検討いただく。

 

(6)愛香園

相談内容 門松に使用する黒松が年々入手困難になってきており、自事業所で栽培を検討するにあたり栽培方法を教えて欲しい。
対応 川本合同庁舎にある西部農林振興センターで黒松の種、苗の入手方法、栽培方法について教えていただく。

 

(7)公益財団法人職業雇用安定センター島根事務所

相談内容 安来市内で農業の施設外就労が可能な事業所を知りたい。雇用も含め施設への依頼の仕方等も教えてほしい。
対応 就業・生活支援センター、チューリップの里、梨の木園、櫻苑を紹介。施設外就労と雇用の制度について紹介する。
 
 

《1-2》福祉×福祉

(1)案件:トマトミックスソース

【概要】

太陽の里のトマトミックスソースの生産拡大に向けて、福祉事業所同士が連携して平成26年度から本格的に取り組んでいる。
美野園、しゃぼん玉工房、きすきの里が原料となる加工用トマトを生産し太陽の里に供給、平成27年度からは一次加工をなかよしが担っている。
連携により、それまでの生産量が2~3倍に拡大し、製造量も3,000本から10,000本に増加し、トマトの生産ばかりでなく、販売や農作業の面でも連携している。
なお、平成30年産は夏の猛暑により原料トマトが確保できず約6,000本にとどまった。

 

【トマト栽培連携事業連絡会議】

年2回程度の会議を開催し、情報交換の場を設けている。

<1回目>

日時 平成30年8月8日(水)
参加人数 事業所・当センター 計9名
内容 しゃぼん玉工房の圃場見学を行い、今年度の生産製造計画等について報告。干ばつによる日焼けや枯れ株対策(収穫量減産見込みの対策)について協議。

 

【技術指導】

農福連携サポーターを派遣し生産安定に努めている。

 
 

2.専門家派遣事業

《2-1》農福連携サポーター制度

【目的】

障がい者就労継続支援事業所へ農業指導を通して、農業技術・知識を向上させ、農業への取組に対する不安解消や生産を拡大することにより、利用者の工賃向上や障がいの改善を図る。
平成25年9月から実施。

 

【農福連携サポーター登録】

14名(新規2名)

 

【サポーター指導事業所】

指導事業所:14事業所(新規:2事業所)
指導回数:延べ128回(12月末)

  事業所名 主な指導品目/内容 備考
1 さくらの家 農作物全般  
2 わこうの里 野菜  
3 あけぼの作業所 ブルーベリー  
4 まがたま 野菜 新規
5 きすきの里 トマト等野菜  
6 美野園 野菜  
7 ワークケアはつらつ 野菜  
8 すばる ぶどう  
9 つわぶきネット 野菜  
10 清風園 農作物全般  
11 のぞみの里 施設野菜  
12 こころクラブ海陽堂 農業全般  
13 フルール益田 水稲 新規
14 仁万の里 野菜・花苗  
 
 

【利用実績】

回数 回数 回数
4月 8事業所/18回 7月 8事業所/15回 10月 8事業所/15回
5月 9事業所/20回 8月 6事業所/9回 11月 6事業所/10回
6月 8事業所/20回 9月 7事業所/13回 12月 5事業所/8回
 

新規取組事例

(1)野菜の栽培

派遣事業所 まがたま
実施内容 農業指導職員の異動により、養液栽培トマトの施肥管理や病害虫対策などについての管理作業をサポーターから指導。
 

(2)水稲の栽培

派遣事業所 フルール益田
実施内容 新たに事業所がもち米を栽培し加工を含めた取組を拡大するため、もち米の栽培全般についてサポーターから指導。
 

3.研修企画実施事業

《3-1》アグリビジネス実践スクール「農福連携指導者養成コース」

【開催趣旨】

福祉事業所における農業部門の施設外就労及び施設内農業を拡大するため、職員の農業知識及び技術の向上を図る。
※県庁農業経営課主催の「しまねアグリビジネス実践スクール農福連携指導者養成コース」を受講する形で開催。

【期待される効果】

福祉事業所職員の農業知識及び技術の向上による施設外就労の拡大及び事業所内農業の拡大。

(1)果樹コース
日時 第1回:平成30年5月9日(水)
第2回:平成30年6月7日(木)
第3回:平成30年6月26日(火)
第4回:平成30年7月24日(火)
第5回:平成30年8月6日(月)
第6回:平成30年11月6日(火)
第7回:平成30年12月7日(金)
場所 島根県立農林大学校、農業技術センター
内容 第1回:ブドウの花穂整形、摘心、つるきり作業
第2回:果房整形、ジベレリン処理
第3回:摘粒、新梢管理
第4回:袋かけ、意見交換(ぶどうの施設外就労の状況)
第5回:収穫、出荷調製、講義(施設外就労を進めるための工夫)
第6回:西条柿の栽培管理と干し柿加工
第7回:土壌改良、剪定、講座の反省
受講生 6名

(2)野菜コース
日時 第1回:平成30年7月3日(火)
第2回:平成30年8月22日(水)
第3回:平成30年9月19日(水)
第4回:平成30年10月17日(水)
第5回:平成30年11月14日(水)
第6回:平成30年12月11日(火)
場所 島根県立農林大学校
内容 第1回:圃場見学、トマトの播種
第2回:トマトの誘引、整枝、ナス・ピーマンの管理
第3回:キュウリ、メロン等ウリ科野菜の管理と実習
第4回:現地実証の報告、意見交換、トマト収穫
第5回:土壌・肥料について、土壌分析、レタスの収穫
第6回:農薬について、講座の反省
受講生 6名

《3-2》刈払機取扱作業者に対する安全衛生教育

日時 平成30年9月26日(水) 9:30~16:30
場所 島根県立農林大学校
内容

刈払機に関する整備や点検などの知識や集団で作業する場合の安全な運用方法、振動障害や応急手当の知識など座学を5時間、実際に刈払機を使用した実技を1時間と計6時間の講習を実施し、安全で効率的な使い方を学ぶ。

開催趣旨

官公庁から道路維持委託業務や河川維持委託業務等を請け負う場合、刈払機取扱作業者安全衛生教育の修了資格が必要であり、障がい者福祉就労系の事業所でも受託実績の多い案件であることから平成27年度から継続的に実施。

期待される効果 官公需受注拡大。これまでは経験から有する感覚で除草作業を実施してきた部分もあるが、これからは、しっかりとした知識と技量に裏付けされた仕事をすることで、利用者に対しても発注者に対しても責任を果たせる業界全体の信頼性の向上に繋がる。
参加人数 45名(うち利用者7名)

《3-3》農福連携推進研修会

日時 平成30年11月1日(木)
場所 ビッグハート出雲
内容

【事例発表】 
①施設外就労を中心とした農福連携の取組
 なかよし 明正 淳 施設長
②農業部門の拡大による工賃アップ
 しゃぼん玉工房 澤田 広 所長
【講演】
農福連携の現状と課題、今後の方向性
 農林水産省農村振興局都市農村交流課 富所 康広 課長補佐

開催趣旨

農福連携の広がりの中で、施設外就労を中心とした取組事例と事業所内農業の拡大に取り組んでいる事例を紹介するとともに全国の農福連携の情勢や展望についての講演を通して、農福連携を促進する。

期待される効果 農福連携について、障がい者福祉サービス事業所、農業者及び関係機関団体等の理解促進とより一層の促進。
参加人数 66名

 

《3-4》益田圏域農福連携情報交換会

日時 平成30年12月18日(火)、12月19日(水)
場所 情報交換会:益田合同庁舎
視   察:わさびの里
内容

○施設外就労の概要と県内での取り組み状況報告
○パネルディスカッション 
 テーマ「施設外就労による地域特産品の生産振興の可能性」
○現地見学会

開催趣旨

益田圏域における特産品振興に関わる農福連携の取り組み事例について関係機関が情報を共有すると共に、当圏域で農福連携を進めていく上での具体的な課題や方向性等について意見交換を行う。

期待される効果 農福連携について、益田圏域の障がい者福祉サービス事業所、関係機関団体等の理解促進とより一層の取り組みの促進。
参加人数 益田市・鹿足郡の福祉事業所、市町、関係機関 計38名

 

 

↑ページのトップへ戻る

 

4.農福マルシェ

(1)農福連携PR商品販売会inすまいる(県庁)

参加事業所 4事業所
日時 平成30年6月29日(金)
取組概要 県庁にあるチャレンジショップ「すまいる」で農福連携の取組をPRする販売会を実施。
売上 58,990円

(2)農業技術センターフェア×農福マルシェ

参加事業所 6事業所
日時 平成30年9月15日(土)
取組概要 農業技術センターフェア内で農福マルシェを実施。販売だけでなく、デジタルサイネージや連携紹介パネルを設置して農福連携事業のPRを実施。
売上 90,710円

(3)ノウフクマルシェin岐阜県農業フェスティバル

参加事業所 3事業所
日時 平成30年10月27日(土)~10月28日(日)
取組概要 県の障がい福祉課から依頼を受けて、岐阜県農業フェスティバル内のノウフクマルシェで販売する物品を紹介。3事業所合計30個を委託販売で出品したところ、全商品完売となった。
売上 27,500円

合計金額 :177,200円

 

5.センター主催会議

会 議 名 日   時
当センター理事会、通常総会 理事会:平成30年5月22日(火)
通常総会:平成30年5月24日(木)
平成30年度 第1回 島根県障がい者
就労事業振興センター連絡会議
隠岐会場:平成30年7月20日(金)
浜田会場:平成30年7月26日(木)
松江会場:平成30年8月6日(月)
出雲会場:平成30年8月7日(火)
地域連携会議 雲南会場:平成30年11月21日(水)
浜田会場:平成30年11月28日(水)
益田会場:平成30年11月29日(木)
邑智会場:平成30年12月4日(火)
大田会場:平成30年12月6日(木)
出雲会場:平成30年12月12(水)
松江会場:平成30年12月13日(木)

 

 

6.出席会議

会 議 名 主   催 日   時
農福連携庁内連絡会議 島根県障がい福祉課 平成30年7月12日(木)

 

 
 

7.視察

《7-1》受入対応

(1)島根県健康福祉部

日時 平成30年5月10日(木)
視察先 フルール益田、わさびの里
内容 農福連携の事例紹介

 

(2)兵庫県たつの市(農福連携検討プロジェクトチーム)

日時 平成30年8月31日(金)
視察先 県庁障がい福祉課、ワークケアはつらつ
内容 島根県の農福連携推進事業概要、農福連携の事例紹介

(3)農水省都市農村交流課

日時 平成30年11月2日(金)
視察先 しゃぼん玉工房、なかよし、施設外就労作業現場
内容 農福連携の事例紹介

《7-1》先進地視察

(1)農福連携先進地視察

日時 平成30年6月27日(水)~6月28日(木)
視察先 カゴメ野菜生活ファーム 他
内容 農福連携の施設外就労事例情報の収集

 

↑ページのトップへ戻る